公認心理師・臨床心理士
について

公認心理師について

「公認心理師」とは、わが国初の心理職の国家資格です。

2015年9月9日に公認心理師法が成立、2017年9月15日に施行され、2018年9月に第1回公認心理師試験が実施されました。試験合格後、公認心理師登録簿への登録を受けることで、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行います。

 1.心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
 2.心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、
   指導その他の援助
 3.心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
 4.心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

臨床心理士について

「臨床心理士」とは、(公財)日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格で、様々な心理的課題を抱える方などに対して、臨床心理学などの専門的知識・技能に基づいた援助を行う専門職です。1988年12月に第1号の認定臨床心理士が誕生して以来、医療・保健、福祉、教育、産業・労働など、様々な領域で働いています。

入会のご案内

(一社)千葉県公認心理師協会では
以下の委託・協力事業を実施しています。